自己破産は借金をなくすことができる強力な債務整理ですが、自己破産すると引っ越しができなくなるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

ここでは、自己破産した人が引っ越しをすることは可能なのかを説明したうえで、自己破産後の引っ越し費用がない場合の対処法や、自己破産後に賃貸契約を結びたい場合の注意点をまとめていきます。

自己破産した人も引っ越しできる?

「自己破産すると引っ越しができなくなる」というのは少し不正確な情報で、正確に言うと破産手続開始決定が出てから免責(借金の免除)が認められるまでの数カ月間は、引っ越しをしたい場合に裁判所の許可が要る、ということになります。

自己破産ではほとんどの人が「同時廃止」という手続きを取ることになりますが、同時廃止の場合は破産手続開始決定と免責許可決定が同時に出されるため、引っ越しに関する制限は受けません

管財事件や少額管財の場合のみ、手続中に引っ越しをする場合は裁判所の許可が必要になります。

自己破産で引っ越し費用がない場合の対処法

自己破産で自宅が売却処分となるために引っ越しを余儀なくされた人の場合、引っ越し費用については悩ましいところだと思います。

そんな人に知ってほしいのが、自己破産前に自宅を任意売却するという方法です。

任意売却とは自分から自宅を売却処分する手続きのことで、任意売却で出た利益の中から引っ越し費用をもらうことが可能です。

ただし、引っ越し費用は引っ越し後にもらう形になるため、あらかじめ自分で引っ越し費用を立て替えておく必要はあります。

自己破産後の引っ越しで賃貸契約をしたい場合の注意点

自己破産をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、信用が必要な取引の一部ができなくなるという制限を受けます。

そのため、自己破産後に賃貸契約をする場合は、信販系と呼ばれる家賃保証会社(ライフやアプラスなどクレジットカード業務を行っている会社)の審査に落ちやすくなるといわれています。

審査に落ちてしまった場合は、不動産会社に相談して信販系以外の家賃保証会社を紹介してもらうとよいでしょう。

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です