債務整理を機に転職を検討している場合、債務整理で転職が不利になることはあるのでしょうか?
結論として、債務整理が転職へ影響することはほとんどありません。

ここでは、債務整理をしても転職に影響がない理由や、例外的に影響が出るケース、転職する際の注意点などについて、簡単に説明します。

債務整理が転職に影響しない理由

まず、転職活動中に、履歴書や面接で債務整理をした事実を伝える必要はありません。
債務整理はお金に関する信用問題であり、仕事の能力には関係がないからです。

また、債務整理をすると信用情報に問題があるとして、ブラックリスト入りしますが、転職先がブラックリストを調べることはできません。
ブラックリストをチェックできるのは、加盟している金融機関などです。
しかし、お金を貸す目的以外でブラックリストを確認することは禁止されており、採用のためにブラックリストを確かめることはできません。

債務整理の中でも、個人再生や自己破産では、官報に氏名が掲載されます。
しかし、官報をチェックしているのは特殊な職業の人ですので、転職先に知られることは考えにくいでしょう。

例外的に影響が出るケース:自己破産の資格制限

債務整理の中でも自己破産を選んだ場合は、例外的に転職に影響が出る場合があります。
自己破産では、手続き中に資格制限がかかります。
具体的には、自己破産の手続き中、弁護士や宅建士、旅行業者、警備員、保険外務員など資格が必要な職業には就けません。

ただし、一生就けない訳ではなく、手続きが終わると資格制限は解除され、上記の職業にも問題なく就くことができるので安心してください。

収入が減少する場合は注意が必要

債務整理の中でも、任意整理や個人再生では、債務整理後、数年間にわたって借金の返済が続きます。
転職して収入が減少する場合は、毎月の返済に支障が出ることがあります。

債務整理後に転職をし、支払いを滞納してしまうと、任意整理では残金の一括請求、個人再生では認可の取り消しに陥ってしまう可能性があります。

債務整理の手続き中に転職する場合も、個人再生では再生計画の認可に悪影響を与えることがあります。

せっかく債務整理をしても、滞納すれば水の泡。そうならないために、転職後の収入に見合った返済計画をたて、債務整理を進めていく必要があるでしょう。
転職の希望があれば、担当の弁護士に必ず伝えるようにしましょう。

まとめ

債務整理が転職に影響を与えることはほとんどありません。
例外として、自己破産の手続き中、資格制限を受け、一部の職業に就くことができません。
転職で収入が減少する場合は、支払いの滞納に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です