自己破産では借金の返済義務をなくしてもらうことができますが、代わりに家などの財産をほとんどすべて処分しなければなりません。

ここでは、自己破産で家が処分されることについて説明したうえで、自己破産後も家に住み続けられるリースバックという方法や、自己破産による引っ越しの費用をもらうことができる任意売却という方法についてまとめていきます。

自己破産すると家は売却処分される

自己破産をすると、20万円以上の価値がある財産はほとんどすべて売却処分され、お金を借りた会社に配当として利益が分配されます。

持ち家がある場合は持ち家も売却処分の対象となるため、家を残すことはできません。

自己破産前に名義変更をするといった方法を見かけた人もいるかもしれませんが、自己破産前の名義変更は破産法の詐欺破産罪にあたる場合があります。

自己破産後も家に住み続けたいならリースバックを検討しよう

自己破産しても家に住み続けたい場合、リースバックという方法を取ることで元の家に住み続けられる可能性があります。

リースバックとは、持ち家を買い取ってくれた相手と賃貸契約を結び、家賃を支払ってその家に住み続けられるようにしてもらう取引のことです。

引っ越しも必要なく、元の家に住み続けることができるので、家賃によっては検討してみるのもよいでしょう。

自己破産前に任意売却して引っ越し費用をもらう方法

自己破産で持ち家が処分される場合、賃貸物件へ引っ越す必要が出てきますが、家を任意売却することで引っ越しの費用をもらうことが可能です。

任意売却とは自分の意思で持ち家を売却することで、任意売却を選ぶと賃貸物件への引っ越しをした後に引っ越しの費用をもらえるので、自己破産後の生活の立て直しが早くできます。

まとめ

自己破産では20万円以上の財産が処分されるため、家を残すことはできません。

しかし、リースバックという方法で家を買い取った人と賃貸契約を結ぶことで、家賃を払って元の家に住み続けられる可能性もあります。

なお、自己破産で引っ越しをする必要が出てくる場合、家を任意売却することで引っ越しの費用をもらうことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です