ヤミ金で借金をすると、違法な金利を取られ、悪質な取り立てを受けることになるので、絶対に避けるべきです。

とはいえ、生活が苦しかったなどの理由でヤミ金の誘いに乗ってしまうこともあるかもしれません。

ここでは、ヤミ金での借金について説明し、闇金で借金してしまった場合の対策を紹介します。

ヤミ金で借金してしまう理由

ヤミ金とは、利息制限法で決められている金利20%という上限を超えてお金を貸しつけたり、無許可でお金を貸したりする業者のことです。

個人再生や自己破産をすると国の新聞である「官報」に載るため、その連絡先を見たヤミ金から「お金を借りませんか」と甘い誘いがくることがあります。

債務整理後はブラックリスト状態になってお金が借りられないので、お金が無くて生活に困ってしまった人がヤミ金に手を出してしまうというパターンは少なくありません。

債務整理後にお金がなくなってしまったら、市区町村役場に相談して「生活福祉資金貸付制度」が利用できないか確認してみるのがよいでしょう。

もしヤミ金で借金してしまったらどうすればいい?

ヤミ金で借金してしまうと、高い利息を付けられるだけでなく、家や職場に押しかけて取り立てをしたり、しつこく電話をかけてきたりするなど、違法で悪質な取り立てを受けることになります。

ヤミ金は存在自体が違法なので、ヤミ金からの借金は返済する必要がありません。かといって放置しておくといつまでも嫌がらせを受けることになってしまうので、内容証明郵便で「これ以降は支払いを一切しない。請求をするなら訴訟を起こすこと」といった内容をはっきり伝えることが必要です。

とはいえ、一人でヤミ金と戦うのはストレスがかかりますし、不安もつきものです。法律事務所の中にはヤミ金への対応を専門としているところもありますので、相談すれば詳しい対策を教えてもらえます。

まとめ

ヤミ金は法外な利息を押し付けてくる無許可の金貸しのことで、債務整理後でお金が借りられない人などを狙って違法な貸付を勧めてきます。

ヤミ金で借金してしまうと悪質な取り立てを受けることになりますが、ヤミ金自体が違法なので、ヤミ金からの借金は返済する必要がありません。

必要なら法律事務所に相談して、内容証明郵便で返済の意思がないことを示しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です