借金の返済が苦しくなってくると、「滞納してしまうとどうなるのだろう」という不安を抱くことになるでしょう。

ここでは、借金を滞納し続けた場合に受けることになる4つのデメリットを説明していきます。

借金滞納を解消するよう督促の電話や郵便がくる

借金の支払いができず滞納してしまうと、まず督促の電話や郵便が来ます。

「借金がいくら滞納になっているので支払ってください」といった内容の督促なので、電話の場合はいつまでに支払えるかを伝えてきちんと返済し直せば、それ以上責任を追及されたりはしません。

郵便もはがきなどに滞納の情報や次回引落の時期が書かれているものなので、この程度で済んでいる間に早めに滞納を解決するようにしましょう。

滞納した借金に遅延損害金が発生する

借金を期日までに返済できなかった場合、滞納している分に遅延損害金が発生します。

遅延損害金は利息に上乗せされる形で発生するので、滞納した金額が大きいほど、また滞納した期間が長くなるほど、金額が多額になっていきます。

遅延損害金のせいで借金の完済ができないというパターンはかなり多くみられます。

滞納した借金を一括払いで返済するよう請求がくる

借金の滞納が2、3カ月程度続くと、借金の残高を一括払いで請求される郵便が届きます。

もともと借金を分割払いで返済できるのは、お金を借りた会社と「決められた条件通りに返せば分割払いでよい」という内容の契約を結んでいるからなので、条件を守れずに滞納してしまうと「残りは一括払いで返済してください」ということになってしまうのです。

その後も借金を滞納し続けると裁判になり差し押さえを受ける

滞納した借金を一括払いで返済するように請求がきた後も放置し続けると、会社側から訴えられて裁判になり、裁判所から支払命令の判決が出されます。

判決が出た後は、会社側から財産(給料・預金・不動産・車・保険・退職金見込額など)を差し押さえられることになります。

まとめ

借金の滞納が始まると、まず督促の電話や郵便が来ます。また、滞納となった分の借金に遅延損害金として追加の利息がつくようになります。

滞納が2、3カ月続くと、借金の残高を一括払いで返済するように請求が来て、分割払いでの返済ができなくなります。

それでも滞納を放置し続けると、会社側から訴えられて裁判になり、最終的には財産の差し押さえを受けることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です