債務整理をすると「信用情報に傷がつく」という話を聞いたことがある人は少なからずいるでしょう。

しかし、具体的にどんな影響があるのか、対策はできるのかといったことは知らない人が多いかもしれません。

この記事では、信用情報に傷がついたときの影響と対策などを説明していきます。

★債務整理すると信用情報に傷がつく
債務整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に債務整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載っている間は、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いで物を購入することなどができなくなります。

また、信用情報機関の情報は加盟しているすべての会社が閲覧可能なので、債務整理した会社以外の会社でもブラックリストの制限を受けるようになります。

★債務整理で信用情報機関に登録されている間の対策
債務整理で信用情報に傷がついている間、最も不便なのはクレジットカードが使えないという制限でしょう。

電気代・スマホ代のような毎月の支払いがクレジットカード払いになっている人は、債務整理をする前に口座引き落としなど別の支払方法に変えておきましょう。

また、デビットカードやプリペイドカードを作っておくと、クレジットカードの代わりに買い物の支払いなどで利用できます。

★債務整理後の信用情報を確認するには
信用情報機関に債務整理の情報が登録されるのは、任意整理なら約5年間、個人再生や自己破産なら約5~10年間です。

この期間が過ぎると信用情報機関から債務整理の情報が削除されてブラックリストの制限が解除されるのですが、その際に通知などは特に来ません。

ブラックリストが解除されているか知りたい人は、信用情報機関に直接、信用情報の開示を請求する必要があります。

信用情報機関はJICC、CIC、JBA(KSC)の3つがあり、それぞれ窓口や郵送、インターネットで受け付けているので、必要に応じて信用情報の開示請求をするといいです。

★まとめ
債務整理をすると信用情報機関に債務整理の情報が登録され、どの会社でもブラックリストによる制限を受けるようになります。

ブラックリスト中はクレジットカードが使えないなどの制限がかかるため、クレジットカード払いにしている支払いを他の支払方法に変えておく、デビットカードやプリペイドカードを作るなどの対策をするといいです。

ブラックリストが解除されたかどうかは、信用情報機関に信用情報の開示請求をするとわかります。